美佳

記事一覧(71)

【ペットを飼っている男性は支配欲求が強い?】あ、ディズニー行ってきました♡

美佳です。今日でブログがやっと70記事!(やっと…)で先日ディズニーランド行ってきました♪平日だったので乗りたいアトラクションが全て30分以内。ラッキーなことにスプラッシュマウンテンの席が一番前だったのですが、案の定 髪もバッグもびしょ濡れに…、でもアリスのティーパーティー(コーヒーカップ)を全力で回し脱水♡wディズニーランドの中はハロウィン仕様で可愛かったです。ディズニーランドに美佳の王子様はいないかしら?と言ったら友達に「ドナルドダックは?」とお勧めされましたが、美佳の家の玄関の横幅は80cmなので、きっとドナルドは我が家に遊びに来れません。(お尻つっかえちゃう…)外でしか会えない彼氏…。で、本日はペットについて。一人暮らしでペットを飼っている男性は癒しを求め、支配欲求が強いかもよってお話です。最近一人暮らしでもペットを飼う男性が増えてきているようで、内閣府が「動物愛護に関する世論調査」でペットを飼うことで良いと思う点につい調査したところ、「生活に潤いや安らぎが生まれる」と回答した人が61.4%と最も高く、ペットの存在は一人暮らしの男性にとっても癒しになっていることがわかりました。医学的な実験でも、ペットを触ったり撫でたりすると血圧が下がると言われており、また心理学的な側面からもペットセラピーとして、ストレスやうつ症状の患者の治療現場で動物が活躍しているよう。動物との触れ合いは、愛されたい、必要とされたい、という願望を満たすと考えられています。つまり、それだけ精神的に疲れや孤独を感じている男性が多いということ。で、人には相手を自分の思い通りにしたい「支配欲求」や、相手を守ってあげたい「擁護欲求」があり、特に女性よりも男性の方がこの欲求が強いと言われていて、ペットを飼うことはこの二つの欲求を満たす行為といえるそう。ペットを飼っている男性はこういった欲求が満たされることで、自分自身の満足を得ていると考えられます。甘えん坊の女性からしたら、ペットを飼っている男性は狙い目ということでしょうか…。あ、でもすでにペットを可愛がってるから、付き合っても彼からの愛情はペットと折半かしら…?ふと思う。美佳の住んでるマンション、イヌを飼ってる人多くて(しょっちゅうイヌ見る)隣の男性も一人暮らしでイヌ飼ってるんだよね……今後(支配欲求強いのかな?)とか、そういう目で見てしまいそう。

【作り笑顔じゃ気分は上がらない!?】心から笑わないと意味がない&作り笑いを見抜くコツ

美佳です。今週やっとディズニーなのに天気が怪しい…仮に小雨で、園内歩き回ったらあっという間にメイク取れるかな?でも、まぁ女子同士ならメイク崩れてもメイク直ししなかったりだよね。荷物になるからメイクポーチはお家に置いてこー♩で、今日は笑顔の話。超サクッと!!1分で読めると思うw今までは「作り笑顔でも気分が向上する」と言われていましたが、最近の研究(アムステルダム大学の研究者が1900人の被験者で実験)で「作り笑顔では気分は上がらない」ということが判明したそう。そう、心から笑わないと意味がないということ。よく「笑顔を意識しましょう♩」と言いますが、接客などにおいてはいいでしょうが、自分の気分を上げるためには一切意味がないということです。でも笑顔(←心から笑った場合)には良い効果がいっぱい。身体へもたらす効果としては免疫力アップ、心臓病、糖尿病、リウマチなどの病気の軽減、認知症を改善する効果、メンタル面ではストレス解消してプラス思考に導く効果、脳内ホルモンの分泌を増加・調整する効果があるそう。ついでに笑顔って相手に伝染しますよね。人間関係も円滑になりやすい効果も期待できます。けど世の中…というか大人になると作り笑いや愛想笑いをする人もいますよね。(美佳も社会に出て一番初めに覚えたのが、愛想笑いとお世辞でした)作り笑いを見抜くコツとしては、自然な笑顔の時は頬や目の周りの筋肉を使うため、目の脇の部分に小さなシワがでる!作り笑いの時は口の筋肉くらいしか使っていないので、目尻にシワができないみたいです(最初からあるシワは別)目の脇を見ればその人が本当に笑っているか見抜けるということ。さて、皆さん笑顔になりましょう!ということでYouTubeで見つけたクスッと笑える動画を。エヴァンゲリオン×ホットペッパーすべらない話(ほっしゃんのペットのサル)あばれる君(小学生の仁義なき戦い)たかまつなな(1)たかまつなな(2)ぷろたん 餃子おやつの入った引き出しを開けようと奮闘する猫最近シュールなの好き♡

【自撮り男はナルシスト&サイコパス】好きな人の SNS一回覗いてみ?

美佳です。ディズニーはランドに行くことにしました!ライドで耳つけてはしゃぐ♡さて、本日は自撮り。自撮りを頻繁にネットに公開している男性は「ナルシスト」要素だけではなく「サイコパス」要素もあるかもよ!って話です。SNSなどに自撮り写真や動画を頻繁に投稿する男性はナルシスト傾向があり、衝動的な性質や共感の欠如の可能性が高いのだそう。オハイオ州立大学の心理学者ジェシー・フォックス助教は、18~40歳の男性800人を対象にソーシャルメディア上の露出度の調査と心理テストを実施することで性格的特徴を分析。(この調査ではSNSへの自撮り写真の投稿頻度のほかにフォトショップなどによる修正についても質問されているみたいです。)結果、自撮り写真を頻繁に投稿する男性は平均よりも反社会的特質の点が高く、また自分をよく見せるために画像修正を行う男性は、ナルシストと自己客観化の兆候が見られたそうです。で、美佳、この一文にすごく納得してしまった…。『ナルシシズムは一般に虚栄心と強く結びついてますが、知性や魅力における他人に対する優越感とも関連した心理的な欠陥としても知られる。』確かに。知的な人で(ナルシストだなぁ…)って人に出会ったことがないです。。やっぱり、自分大好きなナルシストに知的な人はそういないのかも……とちょっと納得しました。はい、話戻します。また、写真をすぐに投稿するような場合、サイコパスである可能性が高く、他人への共感や敬意の欠如に加えて衝動的傾向をも示しているよう。自撮りは社会的な依存を求めるわがままや自意識過剰を誘発し、「ナルシシズム」か、もしくは「極端に低い自己評価」という自己矛盾を引き起こすのだそう…。で、2014年4月に発表された研究では、自撮りする際 写りがよくなる角度を常に気にしている人たちは心の病気である可能性が示されています。いますよね、角度気にする男。ついでに何回も撮り直しする男……。自撮りの多い男は危険だよってことです。好きな男性ができたらSNSを覗いてみるといいんじゃない?ってお話でした。https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2900420/Addicted-posting-selfies-probably-selfish-psychopath-claims-study.html

【男はセックスしたけりゃ「愛してる」も平気で言えるぞ☆】っていうのはわかってますけどね!な研究結果

美佳です。10月上旬にディズニー行こう!!ということになり、すでにネットでお土産情報を調べております。なんせ10年ぶりのディズニーなもんで…。テンション上がります♡ハロウィンっぽいお土産と、通年使えそうなグッズが欲しいなぁ。。。まだお家ノークッションなので1、2個クッション欲しいし、なんかかわいいマグカップとか部屋着も欲しいかも。あ、帰宅するとき荷物すごそう…。で、本日 全然ディズニーに関係ない話題☆「セクシーに装って男を操ることはできるか」という話。結論から言うとできます。ご存知の通りできます。面白い実験を2つ紹介。まず1つめ。バン・デン・バーグら(2008年)が“セクシーさによって男性の行動は変わるのか”という問題を遅延価値割引という概念を使って研究したそうで。遅延価値割引というのは「いま〇ユーロもらうのと、1ヶ月経って15ユーロ(約2000円)もらうのとはどちらがいいですか?」という質問をして、これが五分五分になる値段を測定する現象です。(多くの人は、同じ金額なら今もらう方を選択するでしょうが、ちょっと待てばより多くのお金をもらえるのならば、ちょっと待つことを選択するはず。)で、バン・デン・バーグらは実験前に、一方の参加者には景色が美しい風景が描かれた広告を15種類見てもらい、その広告の魅力を7段階で評価する課題を。もう一方の参加者にはセクシーな女性(水着姿とか下着姿)の広告を15種類見てもらい、その広告の魅力を評価してもらいました。その後、それぞれの群でこの7日後に15ユーロと、1ヶ月後に15ユーロもらえる場合の〇ユーロの数字を測定して遅延価値割引関数を描いたところ…男性はセクシーな刺激を受けることによって、将来のより大きな利益を得るために我慢するより、目の前の小さな利益に飛びつきやすくなることがわかりました。まぁあれですね、性欲が上がっている状態というのは自分にセーブがかけられなくなっているというか…物事の先が見えなくなっている視野狭状態になってるんでしょうね。で、もう1つ結構エグい(?)実験がありまして。アリエリーら(2006年)は男性にポルノアニメを見せながらマスターベーションをさせ、性欲が高まった状態で様々な質問をしたそう。(すげー実験w)その結果、性欲が高まった状態では男性は女性に対する好みが拡大して「誰でもよい」状態になってしまうこと、セックスのためなら平気で「愛している」と言えるようになってしまうこと、おしゃれなレストランに誘いやすくなってしまうことなどがわかったそう…。まぁ、そうでしょうね。知ってますがw気になる男性を落としたければ(今夜…イケる?)と思わせるのもアリかもね☆参考文献:著者 越智啓太 『恋愛の科学 出会いと別れをめぐる心理学』

【本当に自分のことを愛してくれる人は〇〇をしてくれる人】恋愛における嫉妬と浮気について

美佳です。最近ネコを飼おうか、チンチラを飼おうか、シマリスを飼おうか……悩んでいます。なんか自分だけを信頼して愛してくれる生き物と生活がしたいwけどなー…旅行とか行く場合、なるべくペットホテルに預けたくないし、震災の時一緒に避難所いけないのがなー。っていう葛藤。できれば自分の傍から離したくないもん。さて、本日は嫉妬と浮気についてさらっと☆まず嫉妬深い人。美佳、かーなーり嫉妬深いんです。けど、特定の人だけ。付き合う人 全員に嫉妬した態度を出したかといえば、NOなんですよね。一切嫉妬せず終わった人もいますから。(むしろ「全然嫉妬しないんだね…?」と、嫉妬しないことを指摘してきた人もいましたし…。)よく嫉妬深い人というのは相手から嫌煙されがちですが……本当に自分のことを愛してくれる人と付き合いたい(結婚したい)なら嫉妬深い人を選んだ方がいいかもしれません。というのも、恋愛における強い嫉妬は、強い愛情の裏返しなんだそう。嫉妬と愛情というのは同じエネルギーの裏表なんだとか。だから強い愛情を持っていなければ、強い嫉妬なんて発生しないんです。恋愛中「なんで彼(彼女)はあんなに嫉妬するの…?」と激しい嫉妬に驚いたことがある人もいるでしょう。あなたが想像している以上に相手はあなたのことを愛しているだけです。なので、本当に自分を愛して欲しいのなら、ときには激しい嫉妬も受けることがあるという覚悟も必要。で、逆に自分自身が嫉妬深くて悩んでいる人もいますよね。だいたい激しい嫉妬をする人は、浮気されたくない、自分のそばから離れて欲しくない!という気持ちが人よりちょっと強め。そういう「自分だけ見ていて欲しい!」というタイプには一匹狼がオススメです☆一匹狼ってそもそも社交的ではなく、人付き合いも(社交的な人に比べ)あまりうまくない人が多いので、浮気すること自体が少なめ。また好んで一匹狼になっている人の多くは自分に自信があり、人と群れなくても生きていける、など意外と実力があり本物の魅力を持っている人だったりします。ただ、なかなか心を開いてくれません…。けど開いたら相手をすごく大事にしてくれます!美佳の男友達で一匹狼系の人がいるのですが、心を開いた相手を長く大事にできるタイプなので、美佳が落ち込んでいる時などは察して(?)か気分転換がてらドライブに連れて行ってくれたりご飯に誘ってくれたりとケアが上手です。まぁ仲良くなるまでかなり時間かかりましたがね…。美佳の経験上、ちょっと内向的な人の方が相手との距離や相手の気持ちに敏感な人が多いので、仲良くなったら表面上ではなく、本当に相手を大事にできる人が多いですよ。あ、ちょっと内向的なネコとか欲しいな♡参考:「恋愛における強い嫉妬は強い愛情の裏返し」

【絵文字を多用する男ほど小心者!?】ついでに「〇好きのタイプ」…

美佳です。引っ越して2週間ほど経つのですが、謎のホームシックが治らず困っています…。(前の家に8年以上も住んでいたので、まだ新しい家に慣れない…。)さて、本日は絵文字について。参考文献では「メール」の絵文字やデコメで男性の性格を紹介しているのですが、ここ数年(プライベートでは)メールよりもLINEの方が主流かと思うので、LINEを交えて紹介しようと思います。人よってLINE(やメール)のクセってありますよね?文章だけの人もいれば、絵文字満載の人、文章だけじゃなく必ずスタンプも添えてくれる人……。美佳はもっぱら顔文字タイプなのですが、美佳がよく連絡とる男友達2人のLINEはものすごくさっぱり!一人は絵文字を入るにしても元々iPhone内臓のあの黄色い顔だけ。もう一人は基本、文のみ。忙しい時はセリフの入ったスタンプだけ…。けど、男性の中には女性から送られてきた絵文字の入った可愛いLINE(メール)に対し、同じように女性に合わせて絵文字やスタンプを使って返信する男性もいますよね。この男性心理を「迎合行動」「同調行動」といい、 理解してもらいたい、あるいは仲良くなりたい人に対して自分の価値観や話題に自信が持てず、「自分を認めてもらいたい!」という気持ちから、絵文字(やデコメ)スタンプの使用につながるそう。簡単に言えば、気の小さいタイプに多いようですよ。まぁ男性の中には、むしろ女性よりも絵文字やスタンプが好きで、積極的に使っている男性もいますがね。けど、そういう人は要注意なんです。そういう人はマメなタイプが多く「みんなに好かれたい」という八方美人的な考え方で、周囲から注目されたいという気持ちが…。また、こういう男性は絵文字やスタンプを好む女性とのコミュニケーションに慣れているので「女好きのタイプ」である可能性も。浮気性な人ほどLINEがどこか可愛いのはこういうことらしいです。確かに女たらしの人ほどLINEがどこか可愛いかったなぁ……と懐古。やたら可愛い絵文字やスタンプを買ってる男性は要注意ですね☆参考文献:齊藤 勇 監修『面白いほどよくわかる!「男」がわかる心理学』

【ヒトラーの演説は集客力抜群の心理術が効いていた!?】人の心理をつけばある程度人は集まる

美佳です。証券マンの知人と会話をしてて、「死ぬまで金儲けできるのは(しっかり勉強は必要になるが)株だぞ」と言われ、(あー確かに。お金とネットがあれば何歳になっても、どの国にいても株できるよねー)と思い、少し前から株勉強し始めました。ただ!続くかが問題♡笑さて、本日はタイトル通りヒトラーが演説で使った心理術を紹介。ヒトラーが使った心理術を簡単に言うとこの3つ。・黄昏時効果・単純接触・誤前提暗示(この3つ使いようでは恋愛でもイケると思う)まず黄昏時効果。ヒトラーは演説を行う際、黄昏時(夕方)にこだわっていたんです。なぜかというと、人の思考や判断力は疲労や周囲の暗さ等が相まって、夕方になると激しく低下するから。ヒトラーは、思考力が鈍ることで周囲の意見に巻き込まれやすい夕方を狙って演説を行っていたそう。次に単純接触。恋愛心理が好きな人ならこの言葉は聞いたことあるかもしれませんが、ヒトラーは大衆に自らの政策などを覚え込ませるために、演説の中で同じフレーズを何度も繰り返して語ったのです。(心理学ではこの手法を単純接触と呼びます。特定の刺激を繰り返し与えることで、その刺激や刺激をもたらす人・モノに対する警戒心を解き、逆に好感を抱かせる効果が。)ついでに「大衆の受容能力は限られており、理解力は小さいが忘却力は大きい」と考えたヒトラーは自分の政策をワンフレーズに凝縮させ、さらに大衆が飽きないように同じテーマを違う角度や言葉で繰り返し訴えかけたそう。まぁ、オバマ前大統領でいう「Yes, We Can!」的な感じでしょうか。で、最後に誤前提暗示。簡単に言えば二者択一の問いかけ。ヒトラーが言ったとされるのは「ドイツが共産党に支配されるのが良いか。それとも我々ドイツ労働者党が良いのか」「戦争か平和か」「ユダヤ人に支配されるままなのか。それとも皆殺しにするのか」という極端な二択。まるでそれら以外の選択肢はないかのように聴衆に迫ったそう。人はもっともらしい前提や選択を与えられると、それら以外の選択肢があるにもかかわらず、与えられた選択肢の中だけで物事を判断してしまいやすいんだそう。特に判断力の鈍る黄昏時ならなおさらでしょうね。なので、人を説得したい、あるいは好きな人を口説きたいのならこの3つって使える気が!で、美佳的にもう一個付け加えるのなら話すスピードですね。有名な塾のCMを観て気づいた人もいるかと思いますが、CMに出てくる講師陣って少し早口じゃないです?(スタディ〇プリの英語の講師とか)あれも心理学的には効果的なんですよね。人ってゆっくりな口調よりも、やや早口の方が言葉についていこうとするからすごく集中するんです。ついでに、やや早口の人の方が賢そうに見えるというか、カリスマ性があるように見えたりするそう。(けど、恋愛での早口は優しさや柔らかさを感じにくいからやめたほうがいいよ)ただ、大事な部分だけちょっとゆっくり言ったり、説明の中で何度か繰り返したりは大事ですけど。よく講演会とかセミナーとかで終始ゆっくりしゃべられる講師陣もいますが……それ、聞いてる側に飽きられやすいし、たいして記憶にも残ってないかと。美佳的にお勧めなのがメンタリストのDaiGoさん。DaiGoさんの動画を観ていて思うのですが、DaiGoさんの動画は「ながら視聴」ができないんですよ…。他のユーチューバーさんの動画は仕事しながらとか掃除しながらとか、何かをしながらなんとなーく聞くことができるのですが、DaiGoさんの動画は早口だから手を止めて集中して聞かないと頭に残らない!けど、超集中して聞いたからか、聞いた(観た)後の満足感はズゴイ!なので、人を惹きつけ集めるのならヒトラーの3つの心理術に加え話すスピード☆参考文献:マルコ社「他人を支配する黒すぎる心理術」

【男性の性格はバッグでわかる】引っ越してようやく落ち着いてきましたよ☆

美佳です。引っ越して徐々に落ち着いてきまして、久々のブログ更新です。(これ美佳ん家の風呂)さてさて、本日は男性の性格をバッグから見抜く方法を紹介したいと思います。気になる人のよく持ってるバッグでその人の性格がある程度わかるので、彼がどんなバッグを持っているか ぜひ観察してみてください☆■使い込んだバッグ角がほつれていたり、素材が剥げているのにずーっと同じバッグを使い続けている人はこだわりの強いタイプ!保守的で融通が利かない面も…。けど、美佳の経験上 一途な男性ほど同じバッグをずーっと使っている気がするので、恋愛においてはモテるタイプかと。■鍵のついているバッグ鍵付きのバッグを選ぶ人は、自分のエリアに立ち入られることを好まず、人とは慎重な付き合うを好みがち。割り切った付き合いを好むタイプらしいです。■セカンドバッグ必要最低限のモノを入れるセカンドバッグ。必要なものだけを入れられるバッグを持つ人は迷いのないタイプです。美佳の知人で、いつもオシャレなクランチバッグのサラリーマンがいるのですが(会社もクランチバッグ。スーツなのにw)、彼 確かに迷いのないタイプですね。■トートバッグバッグの上部がオープンになっているトートバッグを持つ人はおおらかなタイプ。このバッグを持つ人は自己防衛本能が弱いタイプでもあり、マイペースな一面も。■リュック両手が空いて身軽に動けるリュックを好む人は合理的でフットワークの軽いタイプ。ただ、両手を自由にしているのは、いつでも戦えるといった心理も働いているため、用心深い一面も…。■アタッシュケース頑丈で重要なものが入っているアタッシュケース。そんな外見と同様、頑なで外に感情を出さないタイプ。自分の考えをしっかり持ち、それを守ろうと思っているため立ち入りがたいタイプです。美佳が昔付き合ってた人が、仕事ではシンプルなアタッシュケースを使ってました。確かに周りからは「感情がわからない…」と言われる人でしたね。■ポケットがたくさんついたカバン小分けのポケットがたくさんついたバッグは機能的で便利。しかし、心理学てみると脅迫的な性格で完璧主義の人が好むバッグなのだそう…。持ち物を完璧に管理し、不完全なものに対してストレスを抱えるタイプみたいです。美佳は普段、セカンドバッグなみの小さめのバッグかトートバッグですね…。普段よく使っているバッグでその人の性格が見抜けるそうなので、参考までにどーぞ♡参考文献:斎藤勇 監修  『面白いほどよくわかる!「男」がわかる心理学』

【噂好きな人は〇〇を求めている!?】口癖でわかる隠れた願望と不安

美佳です。先日フランフランでルームフレグランス購入しました!コレめっちゃいい香り! あと4つほど買えばよかった……。(横に写っているピンクとか緑の紙は付箋です)で、来週から真面目にブログを再開しようと思ったのですが、ブログを更新していない日も、1日 数千viewあるので、せっかく覗きに来てくれている人もいるし更新しようかなと♩ということで、本日は口癖(言葉)です。前にも何回かブログであげたことあるのですが、(内容かぶってたらすみません…)言いがち、聞きがちなワードをチョイスしました。◎「っていうか」を連発する人は空気が読めない「っていうか」で話を遮ったりする人は、自分の意見をとことん主張しないと気が済まないタイプが多いです。これ使う人は雰囲気壊しがちな人なので、要警戒。◎「〜みたいな」をよく使う人は比較的甘えん坊「〜みたいな」というソフトな表現を好み、何事につけ断定を嫌うタイプは協調性に富んでいるようにも見えますが、自分の頭でしっかり考えられない人も少なくなく、比較的甘えん坊が多いよう。女性は空想癖があり、男性は分不相応の事をつい口走ってしまう傾向があるそうです。◎噂話が好きな人は優越感を求めている噂話を好む人は基本的に欲求不満な人が多いと言われ、日頃の欲求不満を解消するために、誰彼構わず捕まえては噂話を始めるそう。けど、なぜ噂話で欲求不満が解消されるのか、ですが アメリカの心理学者ディヒター氏によると、噂話を好んでよくする人の多くは自分が評価されることを望んでいる といいます。「私はみんなの知らないことを知っている」と自負して優越感を覚えるために、とても気持ちが良くなるのだそう。◎難解な専門用語を使う人はコンプレックスを抱えているこれ、美佳が嫌いなタイプです。よく専門用語とかカタカナ用語をやたら会話に織り交ぜてくる人いますよね。会話についていけないから、9割聞いてないです。(笑)カタカナ用語を多用し小難しい理屈ばかりを並べるような話し方をする人は、実は自分の能力に自信がない傾向がある、あるいは自分の能力にコンプレックスを抱いているから らしいです。まぁ実力がないのに無駄にプライドが高い、というところでしょう。えぇ嫌いです(笑)◎「要するに」と話をまとめたがる人は、頭がいいと思われたい「自己中」いますよね、「要するに」って言っているのに、たいして話がまとまってない人…。「要するに」「つまり」と言っては話をまとめようとする人は、自分のことを頭がよくて分析力もあると思い込んでいる評論家気取りのタイプに多いようです。誰かが話している時に「要するに」と口出しすれば、会話の主役が自分になったりしますからね。人との会話でよく耳にするこの口癖。これを使う人にはそれなりの隠れた願望と不安があるっぽいですよ☆参考文献:監修 匠英一 「しぐさで見抜く相手のホンネ」